BLOGブログ

ブログ

【よくわかる】リフォームとリノベーションの違いは何?
定義から費用相場までやさしく解説

リフォーム・リノベーションされる家

「この家をリフォームしたい」「この家をリノベーションしたい」
 
2つの文章の意味がどう違うのか、説明できるでしょうか?
 
リフォーム、リノベーション。どちらも家に関する話題でよく聞く言葉です。一方、その違いは何かと聞かれたら、うまく説明できない方も少なくないでしょう。
 
リフォームとリノベーションは、家を変えるよりも手軽に、自分の住む環境を整えられる手段です。いざ自分が検討しなければならなくなったときのために、どのような違いがあるのか把握しておきたいですよね。
 
この記事では、リフォームとリノベーションの違いを明らかにしたうえで、費用相場まで解説します。

 

リフォーム・リノベーションの違い


リフォームとリノベーションの違い「リフォーム」と「リノベーション」には明確な意味の違いがあります。業者に依頼する場合は違いを正しく知っておくことで、自分が望んでいる改修内容をより正確に伝えられるようになるでしょう。
 

リフォームの意味とは


リフォームという言葉は、元は英語の「reform」から来ています。英語のreformは「(組織の)改革、刷新」「(制度の)修正・訂正」という意味があり、日本での用法より少し堅苦しいイメージです。日本でよく用いられるリフォームはそれが変化したもので、「悪い状態ものを作り直してより良くする」といった意味で使われます。建物においていえば、「古くなったり壊れたりした家を新しい状態同然に回復させる」という意味に置き換えることができるでしょう。
 

リノベーションの意味とは


英語の「renovation」は「(古い建物・部屋・家具の)修理・修復」「革新・刷新」という意味があります。英語の意味は、日本で使われるリフォームに近いでしょう。日本においてリノベーションは「従来を超える価値を生み出す」という意味で使われ、建物に対しては「住む人の変化に応じて新しい機能や設備を追加する」という場合に当てはまります。社会の変化によって人々のライフスタイルも変化し、多様な生き方が理解されはじめている近年、リノベーションは注目を集めています。
 

リフォームとリノベーションの違いは「どの状態を目指すかどうか」


建物におけるリフォームとリノベーションの違いは、リフォームが「新築状態」を目指すのに対し、リノベーションは「新築状態以上」を目指す改良だということです。リフォームは小規模で部分的な工事になることが多く、リノベーションは大規模で包括的な工事になることが多いという傾向があります。

 

リフォーム・リノベーションの事例と費用相場


リフォーム・リノベーションの事例と費用相場ひと口にリフォーム・リノベーションと言っても、その種類は多岐にわたります。リフォーム・リノベーションにかかる費用を決めるのは、範囲と内容です。範囲が広くなり、内容に関する要望の難易度が高くなるほど、必要な費用も増えてくるでしょう。
 
「定義だけ説明されてもピンとこない」という方のために、実際にリフォームとリノベーションの事例と費用相場を見ていきましょう。
 

床のリフォーム・リノベーション


床のリフォーム・リノベーションは、張り替える前の状態や張り替える床材の種類、範囲、工法、機能によって価格が変動します。ひとつの部屋の畳を新調する場合、高級な畳でも4万円以内でできるでしょう。フローリングに張り替える場合であれば30万円以内が目安です。これが、複数の部屋の床を張り替えたい、床に断熱材をいれたい、床暖房を設置したい、となってくると60万円〜90万円、場合によっては100万円を超える場合も想定しなければなりません。
 

浴室のリフォーム・リノベーション


浴室のリフォーム・リノベーションでは、浴槽の修理や新調に加え、浴室の雰囲気を大きく変えたり拡張したりすることもあります。浴槽の修理・新調に関しては、よっぽど高級な素材を使わない限り120万円以下に抑えられる場合がほとんどです。120万円用意できれば、古くなった浴槽を新しくしたうえで、機能も追加できる場合が多いでしょう。特注して浴室の雰囲気を変えたい、浴室を拡張したい、という場合は、120万円以上を想定しておいた方が良いかもしれません。
 

トイレのリフォーム・リノベーション


50万円ほど用意していれば、あらゆるトイレリフォーム・リノベーションには対応できるでしょう。トイレの空間を広く使えることや掃除が楽になることから人気を集めている「タンクレストイレ」の取り付けは、10万円〜50万円が目安です。施工費が30万円を超えてくると、節水や節電機能が秀でたトイレも選択肢に入ってきます。
 

キッチンのリフォーム・リノベーション


いま使っているキッチンを、I型やL型のシステムキッチン、もしくは人気のペニンシュラ型(対面式)のシステムキッチンにしたいという場合、80万円〜110万円ほどを想定しておいた方が良いでしょう。開放感があることから憧れる方も多い「アイランドキッチン」にしたいという場合は、110万円〜200万円かかる規模の工事が必要です。
 

外壁のリフォーム・リノベーション


外壁のリフォームやリノベーションは、その範囲や難易度、内容によって価格が細かく変わります。洗浄費、材料費、屋根の塗装・工事の費用、外壁の塗装・工事の費用、足場の費用。これらが組み合わさった金額が外壁リフォーム・リノベーションにかかる費用の合計です。幅はあるものの100万円前後の工事が多い傾向にあり、全体的には60万円〜200万円が目安だといえるでしょう。
 

スケルトンリフォーム・家全体のリノベーション


「スケルトンリフォーム」は「フルリフォーム」とも呼ばれ、住宅の骨組以外を全て変えるリフォームです。スケルトンリフォームや家全体のリノベーションを図る場合は、少なくとも1000万円以上の費用を想定しておかなければならないでしょう。
 
また、新しい部屋を増やしたい、間取りを変更したい、という大規模なリノベーションを希望する場合、家の構造によって可能な工事が変わってきます。検討の段階で、望んでいる工事はできるのか、その工事によって自分の理想の家は実現できるのか、ということを入念に確認しておきましょう。

 

リフォーム・リノベーションは補助金制度や減税制度をうまく活用する


リフォーム・リノベーションは補助金制度や減税制度をうまく活用する
リフォームやリノベーションには、国から補助金制度・減税制度が用意されています。地方自治体に独自の制度が設けられている場合もあり、対象のリフォーム・リノベーションが条件を満たしているときに利用が可能です。場合によっては数十万円が戻ってくることも。リフォーム・リノベーションの前には、国や地方自治体が用意している制度を必ず確認し、条件に合うものがないか調べておきましょう。支援制度が、夢のリフォーム・リノベーションを後押ししてくれるかもしれません。

 

リフォーム・リノベーションの正しい知識で自分に合った決断を


リフォーム・リノベーションの正しい知識で自分に合った決断を
いまだにリフォームとリノベーションの違いを曖昧に認識している方は多く、“細かいこと”といえるのかもしれません。ただせっかく改修に踏み切るなら、より正確に自身の要望を伝えたいですよね。違いを正しく認識しておくことで、業者への要望の伝わり方もスムーズになり、認識に差が生まれにくくなるでしょう。
 
大規模なリフォーム・リノベーションでも、家を建てることに比べれば確実に費用を削減できます。今後の人生におけるストレスを減らし、楽しく快適に過ごすための、重要な投資と捉えることもできるのではないでしょうか。補助金や減税制度が利用できる場合もあり、想像していたより安い金額で済んだ、ということもあるかもしれません。
 
埼玉県戸田市の「有限会社ユウビ企画」でも、リフォーム・リノベーションを承っています。すべてはお客様のために。いつでも相談できる住まいのパートナーとして、お客様の夢の住まいを実現します。費用面が心配な方も、自分の理想が本当に実現できるのか知りたい方も、まずは一度、こちらから気軽にお問い合わせください。
 
世のなかは新たな局面を迎え、家で過ごす時間が増えました。費用がかかるからといって、リフォーム・リノベーションを過剰に怖がる必要はありません。最も大切なのは、定義、費用、施工内容、支援制度を正しく理解し、これからの人生にしっかりと向き合ったうえで、後悔しない選択をすることです。妥協は必要ありません。
あなたの人生を豊かにできるのは、あなただけなのですから。

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME > BLOG > 【よくわかる】リフォームとリノベーションの違いは何?定義から費用相場までやさしく解説

〒335-0021
埼玉県戸田市新曽1323-2
© 2020 有限会社ユウビ企画